24:01 終末予報

僕の中の空白概念
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
但し書き
 この記事は常にトップです。最新記事はこの下より。

 タイトルがカッコで括られているのはショートストーリーです
 #が付いているのは僕は誰シリーズ
 ((( )))となっているのはメモリーシリーズです

 表に出なかった裏の話を読むはオチや短いお話がついています

 お気に入りましたらランクングをクリックしていただけると励みになります
                    
リンクフリー 相互リンクも募集しております。  
スポンサーサイト
(ポケットロケット)


-ポケットロケット-




「 こんな小さな夢じゃ
 私を宇宙に連れて行けない」


私は小さなロケットを胸から取り出した。

ポケットに入るくらいの
鈍く銀色に輝くロケット。


涙が機体を伝う


この小さなロケットでは、
空気との摩擦で燃え尽きてしまうだろう。


夕焼けの空に
多くのロケットが飛び立ってゆく
空へと向かう流れ星
幾筋もの光の穂


ポケットロケット飛び立った
夕日を受けて飛び立った


私はロケットをポケットに
しまい込もうとした。



いつの間にか
青年が夕日を背中に受けて立っている。

たぶん、それは彼が言った言葉


「 本当に夢が燃え尽きてしまう事は無い
 君がその事を忘れない限り 

 君のポケットロケット
 可能性のポケットロケット     」



私は胸のポケットに手を当てた


熱い・・・・




ポケットロケット飛び立った
私のロケット飛び立った






表には出なかった裏の話を読む
地の底で


 目に見える幸せを追いかけてここまで来た

 だけど、
 そんなものはすぐに消化されてしまって
 体だけがどんどん重くなっていく

 お金が欲しい
 名誉が欲しい
 恋人が欲しい
 綺麗な服がほしい
 おいしいものが欲しい

 一つ手に入れれば次へ
 私の欲求は果てしなく続く




 もう空は飛べないかもしれない

 



 青い空
 白い雲
 それはとても遠くに見える


生まれる言葉


  やっと口から出せた小さな言葉
  風に消えてしまいそうな小さな言葉
  それは生まれてきた赤ん坊のように

  弱弱しく
  でも必死に
  
  この世界に生まれてきたのだから
  それはかけがえの無いものだから

  その言葉に宿った命
  その想いが生み出した命 

  これからも暖め育てていきたい
 
(急にすべてがイヤになって)


  世界のすべてがイヤになって
  ブロックの塔を壊したんだ

  世界のすべてがイヤになって
  僕の絵塗りつぶしたんだ

  散らかった部屋で
  片付けをしないとなぁと思いつつ
  ぼんやり天井を見ていたんだ



  世界のすべてがイヤになって
  全部を壊したかったけど


  今はあの天井さえ遠く、涙で歪む







 1日後

 壊れた関係が
 ゴミ捨て場に出された

 彼の部屋には何も無い
 壊す関係も、もはや無い


表には出なかった裏の話を読む
名も無き花 名も無き僕


  名も無き花がここに咲いている
  意味なんてない

  名も無き僕がここに生きている
  意味なんてない

  ただ道行く人が
  微笑みかけてくれればそれでいい


  芽吹いて

  咲いて

  枯れて

  季節が移り変わって


  ただ道行く君が
  微笑みかけてくれればそれでいい

一人で歩いてゆく

  人の言葉に救われたことはない


  どんなに体が重くても
  どんなに世界が暗くても
  足を引きずって歩いてきた


  どんな世界観を持っていたとしても
  夢と現実との間の脅迫概念を
  打ち払う事が
  否定によってしかできないとしても


  傷だらけの朝はいつも一人
  他に誰もいない
  他に自分はいない



  人の言葉に救われたことはない
  自分の言葉に惑わされることもない
  たった一人
  足を引きずって歩いてきたのだから



  弱い自分
  強い自分
  善い自分
  悪い自分

  
  そんなもの作り出して逃げ道にしたくない
  だからいつも自分は一人




  たった一人で歩いていく
  
  
(遠くにあるから光り輝いて)


月はなぜ光か輝いているのか

太陽の光を反射しているからと
人は言うけど
別に月は鏡で出来てる訳じゃない

人が物を見るの時
物が反射した光を捉えているけど
全ての物が光っているわけではない
月だって普通に灰色に見えればいい

きっと遠くにあるからだ
波長の問題もあるのかもしれない
よく分らないけど

遠くにあるから輝いて
輝いているけど
詳細は分らない

彼を照らすのは
いろいろな人の噂
それは、彼を輝いて見せるけど
ちっとも詳細は分らない

遠くにいるから輝いて
遠くにいるから愛しい

表には出なかった裏の話を読む
黒いキャンバスに



白いキャンバスを衝動的に黒く塗りつぶす

これが俺の心

ちびたクレヨンを放り投げる





真っ黒い俺の心の真ん中に穴を空け

空を覗き込む

黒い世界に黄色い月


(君に)


  臆病な僕だから



  言葉が溢れてきて
  メロディになって
  僕はこうして歌うけど

  きっと君には言えないだろう
  僕からは言えないだろう

  臆病で独りよがりで自分勝手だから
  きっと僕からは言えないだろう

  紡がれた物語はいつも自己完結
  君と繋がってはくれない
  
  君に届けばいいと思ったこの歌も
  果てない青空に吸い込まれていって

  それでも臆病な僕は歌い続ける
  それが届かないと知っていても

  


  好きです




  風が吹いて
  枯れ葉舞って
  

  だけど


  この想い
  吹き飛ばされないから


Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。