24:01 終末予報

僕の中の空白概念
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
(ポケットロケット)


-ポケットロケット-




「 こんな小さな夢じゃ
 私を宇宙に連れて行けない」


私は小さなロケットを胸から取り出した。

ポケットに入るくらいの
鈍く銀色に輝くロケット。


涙が機体を伝う


この小さなロケットでは、
空気との摩擦で燃え尽きてしまうだろう。


夕焼けの空に
多くのロケットが飛び立ってゆく
空へと向かう流れ星
幾筋もの光の穂


ポケットロケット飛び立った
夕日を受けて飛び立った


私はロケットをポケットに
しまい込もうとした。



いつの間にか
青年が夕日を背中に受けて立っている。

たぶん、それは彼が言った言葉


「 本当に夢が燃え尽きてしまう事は無い
 君がその事を忘れない限り 

 君のポケットロケット
 可能性のポケットロケット     」



私は胸のポケットに手を当てた


熱い・・・・




ポケットロケット飛び立った
私のロケット飛び立った









女が去った後
少女が青年の傍に来た


「 ねぇ。人は何故
 ロケットを飛ばすのかな?
 空には空虚な宇宙が広がっているだけなのに」


「 ここから逃げ出したいから
 太陽に目を眩ませられたから

 現実的な地上の目標より
 宇宙に飛び出すような夢の方が
 綺麗なんだよ 」



少女は幾筋もの光の穂となって飛んでゆく
ロケットを見ている




「綺麗だね」





「 あぁ 綺麗だ


  きっと、その事だけで価値がある 」






夜の帳がそっと幕を下ろそうとしていた





スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
私なら
そのポケットロケットに、逢いたいヒトたちへの想いを乗せたい。

途中で燃え尽きてしまうかもしれないけど、“ありがとう。あなたたちと過ごした想い出は、今の私を支えているよ”できたらまた逢いたいよと伝えたいです。

前にも書いていたらごめんなさい。
2007/08/07(火) 22:13:06 | URL | 幸 #sXQUJiYw[ 編集]
その想いはいつか星になるのでしょうか
いつかまた再び会うための目印に
なるのでしょうか
いろんな想いを乗せ
今日もロケットが飛び立つ
俺のロケットも・・ほら
2007/08/09(木) 08:41:39 | URL | 砂人→幸さんへ #-[ 編集]
いつみてもため息がでます。
小さなロケット
でも願い続けることで
それは綺麗に光る

花火とは違う、不思議な光なのかな。
読む度思います。

ポケット、とっても好きな言葉です。

更新楽しみにしてます。
でわ^^
2007/08/09(木) 12:10:08 | URL | トコ #-[ 編集]
お返事遅くなってすいません
うーん。空へ吸い込まれる
流れ星のようなそんな流星郡
人の願いを乗せて飛び立つさまを
想像して書きました

なかなか書けなくてすいません
もう一つのほうに
リンク張ったほうがいいのかな?
2007/08/12(日) 11:34:39 | URL | 砂人→トコさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。