24:01 終末予報

僕の中の空白概念
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
一人で歩いてゆく

  人の言葉に救われたことはない


  どんなに体が重くても
  どんなに世界が暗くても
  足を引きずって歩いてきた


  どんな世界観を持っていたとしても
  夢と現実との間の脅迫概念を
  打ち払う事が
  否定によってしかできないとしても


  傷だらけの朝はいつも一人
  他に誰もいない
  他に自分はいない



  人の言葉に救われたことはない
  自分の言葉に惑わされることもない
  たった一人
  足を引きずって歩いてきたのだから



  弱い自分
  強い自分
  善い自分
  悪い自分

  
  そんなもの作り出して逃げ道にしたくない
  だからいつも自分は一人




  たった一人で歩いていく
  
  
スポンサーサイト
(遠くにあるから光り輝いて)


月はなぜ光か輝いているのか

太陽の光を反射しているからと
人は言うけど
別に月は鏡で出来てる訳じゃない

人が物を見るの時
物が反射した光を捉えているけど
全ての物が光っているわけではない
月だって普通に灰色に見えればいい

きっと遠くにあるからだ
波長の問題もあるのかもしれない
よく分らないけど

遠くにあるから輝いて
輝いているけど
詳細は分らない

彼を照らすのは
いろいろな人の噂
それは、彼を輝いて見せるけど
ちっとも詳細は分らない

遠くにいるから輝いて
遠くにいるから愛しい

表には出なかった裏の話を読む
黒いキャンバスに



白いキャンバスを衝動的に黒く塗りつぶす

これが俺の心

ちびたクレヨンを放り投げる





真っ黒い俺の心の真ん中に穴を空け

空を覗き込む

黒い世界に黄色い月


(君に)


  臆病な僕だから



  言葉が溢れてきて
  メロディになって
  僕はこうして歌うけど

  きっと君には言えないだろう
  僕からは言えないだろう

  臆病で独りよがりで自分勝手だから
  きっと僕からは言えないだろう

  紡がれた物語はいつも自己完結
  君と繋がってはくれない
  
  君に届けばいいと思ったこの歌も
  果てない青空に吸い込まれていって

  それでも臆病な僕は歌い続ける
  それが届かないと知っていても

  


  好きです




  風が吹いて
  枯れ葉舞って
  

  だけど


  この想い
  吹き飛ばされないから


(自分を殺す・過去から来た女)



 僕が7日前にいた場所に
 花をそえた

 7日前の僕にバイバイ



 私が6日前にいた場所に
 花をそえた

 6日前の私にさようなら


 
 自分が5日前にいた場所に
 花をそえた

 5日前の自分にお別れ



 俺が4日前にいた場所に
 花をそえた

 4日前の俺にグッバイ



 我が3日前にいた場所に
 花をそえた

 3日前の我と縁が切れ



 ボクが2日前にいた場所に
 花をそえた

 2日前のボクにじゃぁね



 1日前のオレがいた場所に
 花をそえた

 1日前のオレにあばよ



 今日 ここに花をそえる



 明日の僕にバイバイ
 未来のの私にさようなら
 これからの自分にお別れ
 見知らぬ俺にグッバイ
 まだ見ぬ我と縁が切れ
 可能性のボクにじゃぁね
 永遠にオレとあばよ


 

 ここに居るのは誰


 僕でなく
 私でなく
 自分でなく
 俺でなく
 我でなく
 ボクでなく
 オレでなく



 ただ

 ただ

 
 僕だったものの
 私だったものの
 自分だったものの
 俺だったものの
 我だったものの
 ボクだったものの
 オレだったものの


 記憶だけが佇む



 赤い


 赤い



 これは何の記憶・・・・


表には出なかった裏の話を読む
(禁止された世界の中で)アナザーストウリ


 免許の定義を述とは何ぞや


 免許とは一般的に禁止されている行為を
 法定の要件を備えた者に対して、
 その禁止を解除する行為。


 そう、基本にあるのが禁止。


 あれをしてはいけない
 これをしてはいけない


 それが、全ての元にある。


 左折禁止
 ~キロ制限
 俺は自由に走り出す事さえできず

 R18指定
 関係者以外立ち入り禁止
 入ってはいけません
 俺の目は常に隠されて

 
 禁止と命令に
 理不尽に縛られた獣
 なぜ、皆、大人しくしてられる?


 入った少年院では
 自慰さえ禁じられた
(少年院内での自慰は
 『陰部摩擦罪』に問われる)
   


 僕らは禁止されて生まれてきた。
 俺は産まれながらに檻の中にいた。


 

 開放したかった。
 全てから縛られた獣を。
 
 俺は、
 今日も体の中の獣をひくひくさせて
 一般常識、世間の目、
 義務の鎖を噛み千切れないでいる。


 開放したかった。
 人が獣へと変わる限定解除。



 すべてから開放される免罪符
 さぁ、俺にそれをよこせ




 
「被告には正しい判断をする能力が無い」


表には出なかった裏の話を読む
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。