24:01 終末予報

僕の中の空白概念
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
(ポケットロケット)


-ポケットロケット-




「 こんな小さな夢じゃ
 私を宇宙に連れて行けない」


私は小さなロケットを胸から取り出した。

ポケットに入るくらいの
鈍く銀色に輝くロケット。


涙が機体を伝う


この小さなロケットでは、
空気との摩擦で燃え尽きてしまうだろう。


夕焼けの空に
多くのロケットが飛び立ってゆく
空へと向かう流れ星
幾筋もの光の穂


ポケットロケット飛び立った
夕日を受けて飛び立った


私はロケットをポケットに
しまい込もうとした。



いつの間にか
青年が夕日を背中に受けて立っている。

たぶん、それは彼が言った言葉


「 本当に夢が燃え尽きてしまう事は無い
 君がその事を忘れない限り 

 君のポケットロケット
 可能性のポケットロケット     」



私は胸のポケットに手を当てた


熱い・・・・




ポケットロケット飛び立った
私のロケット飛び立った






表には出なかった裏の話を読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。