24:01 終末予報

僕の中の空白概念
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
(神の涙)


 水面に波紋
 彼の落とした涙


 各地で女神像が涙する

 神は人を助ける事はせず
 ただ涙する

 それは鎮魂歌

 彼らは
 許す事で
 涙する事で
 魂を清めるのだろうか


 争いを続ける人々に対して
 あまりに多くの
 傷ついてゆく人々に対して

 ただ静かに涙をおとす




 -砂人-


 温暖化で、また水面が
 上昇してるってさ


 ふーん
 神の涙で世界が沈む日も
 近いのかもしれないな


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
俺は神を全否定してる人間なんでねぇ・・・

もし神がいたら、俺が殴り殺したいなぁって思うこの頃ですわ・・・

う~ん、病んでるねw
2007/04/14(土) 14:51:55 | URL | ゲンザイ #zy/h69ws[ 編集]
水面の上昇原因は
神様の泪
人が気付くことは
ないだろうけど

凄く考えさせられます。
テレビでも学校でも温暖化についての問題がよく言われていて
戦争についての絵とかも描いて
何だかまた考え込んで。
神様は落雷を落として戒めるのではなく、
泪することで
この悲しい世界に終止符を打とうとしているのかも知れません。
深い詩だなと思いました。

砂人さんの絵、是非いつか拝見してみたいです(うずうす…

でわ^^
2007/04/15(日) 00:48:38 | URL | トコ #EDSLkfi6[ 編集]
そうですねぇ
神はいてもいいと思うのですが
人が都合よく利用しようと
する宗教は嫌いなんですよねぇ
宗教の排他的な部分が嫌いっす

神様がなにかしてくれるなんて思わなきゃ
別にいたっていなくても
いいとおもいますよぅ
2007/04/15(日) 02:58:01 | URL | 砂人→ゲンザイさんへ #-[ 編集]
戦争も、環境破壊も
どこか遠くのことで
正直に言うと僕はそのことで
涙する事は出来ない。
だけど、いまこの瞬間
世界の涙が地に染みて
どこかで雨を降らせているのかも
しれない。
神が涙しなくても
きっと世界の涙は
いつか世界を洗い流すんじゃないかな
2007/04/15(日) 03:09:43 | URL | 砂人→トコさんへ #-[ 編集]
俺は人の絵は書けないんです。
なのでノートのには
俺の世界のなんだかよくわからない
シュールな生き物が
たくさんいて、
俺の妄想で育っていました。

トコさんの絵うまいからなぁ。
トコ氏の絵で何か物語が書きたいですな
2007/04/15(日) 03:14:07 | URL | 砂人→トコさんへ追記 #-[ 編集]
こんにちは。
今の世界の色々な現状について、考えさせられるような詩でした。
今のこの状況は全て人がしてきた事の罰なのでしょうか。
神様の涙という表現がとても素敵でした。

2007/04/15(日) 11:35:34 | URL | ジュン #-[ 編集]
罰という他人から与えられるものでは
なく。多分、結果なんです。
使えば無くなる。そんな事なのかな
何も食べなくて死んでしまったら、
死んでしまった事は
食べなかった事に対しての罰ではなく
食べなかった結果です。
もし、世界が涙に沈む日がきたら
そういう事をした結果ですし、
その結果は最悪の事を迎えない限り
変えていける結果でもあると思います
2007/04/15(日) 19:17:35 | URL | 砂人→矛盾屋ジュンさんへ #-[ 編集]
真の宗教は排他的でなく
黙って爆薬をしかけられ 勝ち誇る歓声のもと 崩れていった あのアフガニスタンの大仏のように 痛みを自らにうけて ひとを覚醒させるものやと…

悲しすぎるのですが。
2007/04/18(水) 08:00:42 | URL | かめ #-[ 編集]
でも、キリストのように
ひめゆりのように
自己犠牲(あるいは悲劇)の元
何かを感じさせるというのも
如何なものなのでしょうか?

やはり痛みを知らないと
痛みを語ってはいけませんか?
痛みなど知らないほうがいいとは
思うのですが
2007/04/19(木) 02:49:53 | URL | 砂人→かめさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
女神女神(めがみ)とは、女性の神のこと。姿は美しい若い女性や、ふくよかな体格の母を思わせる姿のものが多い。中にはモイライの様な年老いた女神や、カーリーの様な恐ろしい姿の者も居る。大地や美や性愛を司る神は、各地においてたいてい女神である。.wikilis{font-size
2007/04/17(火) 23:58:55 | 神話&神々の研究
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。