24:01 終末予報

僕の中の空白概念
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
(世界の崩壊 進化と突然変異)


 人の祖先は猿だったという
 猿が人間になったように
 私たちも
 何かに進化しようとしているのだろうか?

 
 緩やかな進化というものがあるのだろうか?
 人間と猿を見てみても、
 それがゆっくりした変化であるようには
 見えない。
 突然変異でも起こったと考えたくなるものだ


 1個人の中では進化は起こらないであろう
 親から子へ遺伝子が受け継がれる際に
 変化或は変異が起きて進化というもの
 が起こるのだろうか?


 私は欠けた月を見ながら
 想いに耽った



 私は問いかけるより他に無い
 



 今、此処には人類の生き残りは
 私と彼しかいない


 人類が生き残る為に
 ゆっくりとした進化など
 待っていられないのだ


 これから
 進化へと繋がる突然変異を
 残すために
 近親配合が繰り返されるだろう




         

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
訪問&コメントありがとうございました!

詩的で、それでいて熱い文章ですね。
進化・・・新しい環境へ対応していくためのものであり、必要な機能を手に入れるための変化。
人が進化するとき、人は世界からどんな「必要」を感じるのでしょうか?
興味深いですね。

また、遊びに来ます!
2006/04/17(月) 21:39:28 | URL | ねこきた #eAb5nx9M[ 編集]
ねこきたさんへ

漫画の終わりで世界に2人だけ生き残る
って設定ありますよね
その後どうなるのだろうと思って書いたのですが、もし世界を蝕んでいくのであれば、
世界から必要とされていないこと感じる必要
を感じるのかもしれませんね
2006/04/19(水) 00:36:27 | URL | 砂人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。