24:01 終末予報

僕の中の空白概念
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
(杞憂)


 杞憂

 昔 杞という国で天が堕ちてくるのではないかと
 心配して夜も眠れなかった男が居た




 不眠症を訴える男が居た。
 男が言うには天井が迫ってくるような気がして
 眠れないとのこと。
 仰向けになると、その症状は酷くなる為に、
 横向きで寝るのだが、それでも天井が落ちてくる錯覚に
 襲われ、やがて体のほうに限界が来ると気を失うように
 浅い眠りにつくのだという


 治療が進んでもなかなか症状は改善しなかった
 どうやら、仕事での上部からの圧力が
 根にあるようなのである



 男に変化が現れた
 課長に昇格したのである
 それにより天井が落ちてくる錯覚は
 無くなったのである


 



 忙しさに眠る暇がなくなった彼は
 ある日ビルの屋上から身を躍らせた



 
 上を見るなんてとんでもない
 下を見て生きていくんだ

 天井が迫ってくるのか?
 自分が持ち上げられているのか?

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。