24:01 終末予報

僕の中の空白概念
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
(ランドルト環)


 いわゆる視力検査の時に使われる
 Cの事である

 必ずどこかが欠けていて、
 完全な輪のものはない
 欠けている所は様々だ。

 しかし
 欠けている輪ではあるが
 検査を受ける者の視力によって
 完全な輪に見えたり、
 違う部分が欠けて見えたりするものである。

 これは一般的なものにも言える
 見る者の見る力がなかったり、
 目が曇っていれば
 不完全なものも完全に見えるのである


 あなたの人物眼の視力はいくつですか?



 「どこが欠けていますか?」


 「いえ それが完成体です」



 輪は完成体?
 一部に隙間があれば、そこで他の輪と繋がり、
 更に大きな輪になることだってできるじゃないか

 CもOも
 世界には必要なんだよ

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。