24:01 終末予報

僕の中の空白概念
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
(永遠の一日)



 脳の視床下部と呼ばれる所では
 日中リズム(概日リズム)形成に関与する
 中枢がある場所である




 「明日なんて来なければいい」

 女はそう言った。

 「一昨日より昨日は酷い日、
  昨日より今日はもっとひどい日。
  私はあの日から転がり落ちるように
  人生を歩んで来たのだわ」





 窓からは向日葵が見える
 地面からの熱気に景色が揺れる
 ここはそんな外界からは遮断された場所

 若い医師は病室に入った


 「もう 君には明日は来ないよ」


 これから女は運ばれていくだろう
 窓もない室温も一定の部屋へ

 外から遮断され昼夜の区別もつかない部屋へ


 「その部屋は少し寒いかもしれないけど
  がまんして欲しい」


 医師は女の頬を指で軽く撫でた




 「君が交通事故で脳に損傷を受けて
  もう5年」

 「先ほど君のご家族の方から
  生命維持装置の料金を払えないとの
  オハナシってやつが来たんだよ」



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
おはようございます
早速来ました!
何だかすごい衝撃的な詩が多いですね。
的確に状況を言い当てるって感じに。
なんだかすごいと思います。
これからも来ますね。
では②
2006/07/11(火) 06:50:22 | URL | 成宮俊 #-[ 編集]
成宮俊さん いらっしゃいませ

最近はそうでもないですが
救えない話も結構多いですねー
崩壊と空白概念がテーマですのでー

またのご来訪お待ちしております
2006/07/12(水) 00:19:49 | URL | 砂人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。