24:01 終末予報

僕の中の空白概念
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
(別れ)



 「ごめんね」




  それが俺が聞いた彼女の最後の言葉


  謝らなくていい
  悪いのは俺のほうなのだから



  彼女の涙が俺を静かに濡らす




  もう何も聞こえない
  視界もだんだん暗くなってきた


  完全に闇に包まれたなら
  もう彼女を見ることはないだろう



  最後に笑った顔が見たかったな



  景色が暗転して
  世界は闇に包まれた















 「大丈夫だ あまりにも暴れるので
  睡眠薬を打たせてもらっただけだ」


 「マリア君 君に感情を与えたのは失敗だったよ

  君は私を愛すべきだったのだ

  まさか 猫を愛してしまうとわね」





 「彼のほうが

  あなたよりずっと純粋で、綺麗な心をしていたわ」







スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。