24:01 終末予報

僕の中の空白概念
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
(((記憶 -味覚-)))


 ここから始まるのは
 感覚の記憶のお話


      記憶ー味覚ー





「あー ヒヨコまた なんか食べてるぅー」

「だっておいしいんだもん」

「そんなに食べてたらヒヨコの好きなロバになっちゃうよー」

「なにそれー でもダイエットできないのはハルにも責任あるんだよー」

「なんでよー」

「だってハルがおいしいもの紹介するから そしたら食べたくなるじゃん」

「はいはい というかヒヨコ ダイエットする気ないでしょー」

「あるよー でもいいなぁハルは食べても太らないし美人だしなぁー」

「まぁ努力してるからね」

「ホント?何やってるの?」

「いろいろー あっそうだ おいしい話があるんだけど」

「んー なにー?」

「知り合いがメモリーボックスっていう研究所に勤めてるんだけど、彼がちょっと アルバイトを探してるの」

「なにするの?」

「えっと そこの研究所で記憶の研究してるんだけど被験者が必要みたいなの。本当は私が行く予定だったんだけど用事がはいっちゃったからヒヨコに代理頼みたいんだけど」

「被験者? あぶなくない?」

「簡単な実験だから大丈夫っていってたけどー」

「んー どうしよう」

「そうそう その実験っていうのが味覚の実験で、なんでもダイエットできるらしいよ。時給も1500だし」

「ダイエット~~ゥ?ほんとに?」

「うん 聞いた話だけどね もし興味あるなら連絡いれるよ?話だけ聞いてどうするか決められるみたいだしー」

「そっかー じゃぁ お願いしよっかな」

「おけー 連絡早速いれるね」  






「こんにちは君がヒヨコさんだね?」

「はい ハルヒさんの紹介できました よろしくおねがいします」

「こちらこそよろしく 私はここの所長を勤めさせてもらっているまれ男です。今日の実験ですが説明を聞いてもらってから君にはやるかららないかを決めてもらうという形でいいな?」

「はい」

「では 実際に実験を担当する職員に会ってもらいます こちらへどうぞ」






「はじめましてヒヨコさん 僕が実験を担当するムギです」

「はじめまして よろしくお願いします」

「よろしくお願いします ではこれから実験の説明をするね ちょっと長くなるから 楽にしていいよ」

「この研究所では主に記憶の研究を行っています 記憶といってもいろいろあるけどね。ここでは特に五感の記憶に対する研究をおこなっているんだ」

「五感って聞くとか見るとかの五感ですよね?」

「うん そう 視覚 聴覚 嗅覚 味覚 触覚だね」

「今回の実験では特に味覚についての実験ね」

「実験の内容を簡単に説明するとまぁ 味覚の再生かな?
 弱い電流を頭にあてることによって 味覚の記憶を思い出させるといった感じかな」

「実験の際ですが頭に電極を流す帽子を被ってもらって あとは料理の雑誌を見てもらいます 全く食べたことがない料理は分かりませんが 大抵の場合視覚によって味覚の記憶が呼び出され あたかも料理を食べている感覚が得られるはず」

「なんかすごいですねぇ」

「そうですねぇ コノ実験では実際に物を食べることなく満腹感を得られますので、うまくいけば これでダイエットとかも可能かもしれないね うまくいけばだけど」

「それではこちらにお入りください」

「はい」

「ではこちらの椅子にお掛け下さい」

「はい」

「実験の前に胃腸薬を飲んでいただきます 実際に食べていないのに、脳が勘違いして胃液を出してしまいますので」

「では帽子を被せますね」

「あとは雑誌を読んで頂くだけです 途中気分が悪くなったりしたら
 お呼び下さい」

「はーい」

「では 始めます」






「あっ おいしい」

「すごい 歯ごたえまである」

「感覚はお互いに深い関係がありますからね」

「これより こっちのほうがおいしいかな」

「デザート 何ページかな?」

「・・・・・・」






「はぁー おなか一杯です」

「・・・よく食べられましたね」

「たべても 太らないですし あっ 見るって言ったほうが正しいですねー すごくおいしかったです」

「ご満足頂いてよかった ところで明日以降もこられますか?」

「はい よろこんで」

「実際に食べてないので他で栄養はきちんと取ってくださいね 今日はお疲れ様でした」

「はい おつかれさまでしたー」







「ヒヨコ久しぶりー」

「おー ハル元気だった?」

「なんとかねー で ヒヨコ バイトの方どうだった?」

「うん すごくいいよー」

「よかった 紹介したの私だから ちょっと不安だったのよね」

「うん 予想以上に大満足! おいしいし ダイエットにもなるし
 職員の人もみんな おいしいし」

「へっ?おいしい? 職員が?」

「あっ やさしいね 間違い間違い」

「大丈夫かぁ~?」

「うん 大丈夫」

「てっきり ヒヨコが食欲魔人になったかと思って心配したよ」

「なによ食欲魔人って~」

「まぁ ヒヨコらしいけどね」

「ハル 私のことそんな目でみてたのね・・」

「冗談だって」






「でも ほんと ハルちゃん おいしそう・・・・」




          ー終ー



 こちらが
 自分が一番最初に作ったお話です

 感覚シリーズの第1話で
 会話だけで進むお話になっています

 ちっとも腕あがってないな・・

 むしろ・・・

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
前回のも今回のもとても懐かしいです。
このシリーズ大好きなんですよ。
2006/08/01(火) 03:02:39 | URL | こむぎ #-[ 編集]
こむぎさんへ いらっしゃいませ

ただ単に新しいショート考える気力が
ないというかw
ここらへんで こムギさんのダークさが
定着していったとかいかなかったとかw
2006/08/01(火) 11:44:34 | URL | 砂人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。