24:01 終末予報

僕の中の空白概念
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
(「私」というものが理解できなくて)


 これが何か分らない


 私は一つ一つ尋ねては、「ペン」と
 書かれた丸い棒でそれらの名前を書き込んだ


 「本」「ベッド」「ライト」「枕」「えんぴつ」


 ここで混乱が起きる。
 同じものでも違う名前がついていたりするのだ


 「犬」は「ポプラ」でもあり、「ペット」でもあった
 私はその全てを書き込んだ


 更にやっかいなのが「私」というものである
 場所によって違う名前を書き込まないといけない上に、
 暫らくすると消えてきてしまうのである。


 「指」「腹」「頭」「額」「胸」「性器」「耳」


 書き込めない物は理解をするのをやめて
 「これ」と一括りにした





 ある日





 「母」「女」「親」と書かれたものが
 「父」「男」「親」と書かれたものを

  運んできた


 「母」「女」「親」と書かれたものは
 「父」「男」「親」と書かれたものに

 「死体」と書き込んだ


 

  そして、「包丁」と書かれたもので

 「私」「自分」と書かれたものを刺した



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。