24:01 終末予報

僕の中の空白概念
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
月夜の晩に(影は躍る)



   月光の差し込む廃墟の城  
 
   誰もいない廊下に足音が響く
 
   大広間では影達の饗宴
  
   影達はただ躍るのみ  

 
   人生なんてつまらない物は
   人に任せておけばいい   



   そんな声を聞いた気がした   




   月夜の晩には影が躍る



 私に合わせて影が動いているのか
 影に合わせて私が動いているのか  


 暗闇の中で影は存在できない
 暗闇の中で私は存在できない



 影の名前は・・・


   わたし            


              -砂人の独り言-


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
なんだかとってもブラックな詩みたいで、
でも深い深い詩でした♪
2006/10/28(土) 21:01:24 | URL | 裕 #JalddpaA[ 編集]
裕さんへ

まぁ 詩というほどのものでは
無いですが、自分のしている事に
自信を持っているのだろうか?
影に躍らされているのではないだろうか?

影が薄くなったら気をつけて
あなたの元を離れて
今日も踊っているかも
2006/10/29(日) 07:49:07 | URL | 砂人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。