24:01 終末予報

僕の中の空白概念
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
#夢に生きるのだとしても


  最近、
  夢と現実の境界が更に曖昧になってきている

  今日の夢の内容は覚えていないが
  目が覚めた後でもどこか現実感のない感覚が続く

  夢が現実味を増してきたのか
  現実が儚くなってきたのか

  夢は元々、現実感を持っている
  夢の中で何者かに追われていたとする
  たとえそれがどんなにおかしい状況であったとしても
  夢の中での僕は必死であろう

  ただそれが短時間であることと、
  現実からはあまりにかけ離れている為に
  夢との一言で片つけられてしまう

  夢と記憶は同等のものである
  いや夢は記憶から作りだされるもので
  本来は一緒のものである
  ただ、今みている世界では起こらなかった
  という点のみが違う

  僕の今はどうであろうか
  たぶん一般的な現実とは
  かけ離れているのではないだろうか?
  もしこれが夢で、目が覚めるなんてことがあれば
  この世界は夢の中の世界となってしまうかもしれない
  そういった理由で夢と現実が曖昧なのだろう


  だけど
  たとえここが夢の中だとしても
  この僕が夢の住人だとしても
  ここで生きている限り
  僕の現実はここにある


  どんなに現実離れしたものでも
  そこに生きている限り
  本気で生きていかなくてはならない






  僕は誰
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
まず、毎度書き込みしてすみません。
レス面倒でしたら、すっぱり言って下さって構いませんので(^-^)

僕は誰シリーズですね。

この、「今の世界は夢かもしれない」という疑問は
私も度々、否、常々思っています。
実は自分の本当の世界は外にあって、もし目を開けたら、全く違う世界が、存在があるのではないかとか、
私の今の人生は、ほんの一瞬の夢なのではないかとか。
もしそうだとすると、砂人さんも夢の中の人になってしまいますね。
そんな事は大抵、朝の気だるい時に考えるのですが(笑)

自分が誰であろうと、もしかしたら世界が夢であろうと、今を生きようと思います。
どんな処にも小さな喜びはあるものだから。
2006/12/10(日) 19:42:21 | URL | 宵町 #-[ 編集]
すっぱり言いますが
一つの記事に100個ぐらい
コメントをつけてくださっても構いません!
(返事返すのが遅くなってしまいますが・・・)
コメント一つ一つでとても幸せ

で、夢なのですが、自分は夢の中にも
味覚があって、触覚というより
”痛い”と感じた事があるので、
ここまでリアルだとほっぺを
指でつねっても夢か現実か分りません。
大抵、授業中そんな事を考えているのですが!

夢だとしても夢で逢えた事に感謝。
その時を生きる。
2006/12/11(月) 16:10:53 | URL | 砂人→宵町さんへ #-[ 編集]
私も夢でも痛覚を感じます…何ででしょうね。
昔、何故か百均で刃物を持った男に背中から刺される夢みたりしました。熱い様な、冷たい様な…。まあ…夢で何より。笑

中には夢を自由自在に操れる人もいるみたいですが、羨ましいですね。
好きな夢を見れたら良いですが、そう巧くいかないのも世の中ってものでしょうか。

最後の砂人さんの言葉、格好良いです。
私は砂人さんとの出逢いに感謝します。
今この瞬間に、感謝。
2006/12/12(火) 00:31:36 | URL | 宵町 #bxvF113M[ 編集]
結構、意味不明の夢を見たりして
おもしろかったりします。

夢って鍛えればある程度
コントロールできるみたいですね。
毎日寝る前に具体的に見たいと
思う夢をイメージするのだとか。
枕の下に好きな人の写真をいれるという
呪いにも通ずるものなのでしょうか

ネットという儚い世界の中の
出会いかもしれないですけど、
やっぱり人との繋がりって
いいものだと思います。

このブログを訪れて来てくれた
全ての人に感謝
2006/12/13(水) 02:21:10 | URL | 砂人→宵町さんへ #-[ 編集]
live in a dream
2006/12/19(火) 08:51:36 | URL | ハラキリ #-[ 編集]
夢こそ現実
2006/12/20(水) 18:36:04 | URL | 砂人→ハラキリさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。