24:01 終末予報

僕の中の空白概念
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
#また歩き始める事が出来たなら


  移動する
  ただこれだけのことで人は多くのもの
  を得るものだ

  おはじきを指でAからBに移動させてみよう
  この場合の移動はただの移動で
  移動自体には意味が無い。
  Aの地点におはじきがある
  Bの地点におはじきがあるといった
  事の方が重要となる

  それに比べて人の移動はどうであろうか
  歩く場合もある
  乗り物に乗る場合もある

  どこか目的があって移動することもあるし
  景色を楽しんだり、いろんな店によったり
  時には移動することが目的のこともある

  友達とおしゃべりしたり
  悔しい思いをして家路についたり
  かわいらしい小物を扱う店を見つけたり
  
  新しい場所に転勤する
  そこに向かいながら不安や期待で
  いっぱいであろう

  恋人に逢いに行く
  どんな事を考えるだろうか

  

  だから


  こんな先の見えない道行きでも
  何処に向かうか分からない未来にも
  意味があるはずである
  何かが得られるはず



  事柄と事柄は必ず物語によって
  繋がれているのだから



  また歩き始める事が出来たなら
  その意味を考えて





  僕は誰


 -砂人-


 同じ人でも
 違う場所で見かけたなら
 それは別の人

 家での自分
 学校での自分
 遊びにきた自分

 ほら、こんなにも違うだろ?

 だから移動の際に物語が
 あったはずなんだ

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
此処で砂人さんに話掛ける私と、
日常に生きる私は屹度、違う

オンとオフの移動の間に物語があるのか、
それは分からないけど

私は、此処で砂人さんとお話するのが好き。

転勤族の親の間に生まれた私は、
何時も移動が多いので、
別れを寂しく思ったり、
また嬉しく思った事もあって
だけど、移動するたび、
沢山の顔を持つ自分が居る

その不思議な感覚が好きで、
だけど、時に多すぎる自分の顔の所為で
本当の自分を忘れて疲れてしまったり

「本当の自分」なんてちょっと青臭いフレーズですね。

バレンタイン時の砂人さん苛めとは
打って変わって、真面目にコメントしてみました
2007/02/19(月) 19:46:01 | URL | 宵町 #bxvF113M[ 編集]
旅人のようにしか生きれない俺に、移動を終えたあとの物語について、ハッピーエンドできかせてくれよ
2007/02/19(月) 23:42:18 | URL | ハラキリ #-[ 編集]
違うかもしれない。
別人かもしれない。

でも、想う

どの俺も宵町さんと、又、他の
ここに訪れに来てくれる方と
世界を共有する事に喜びを感じているんだ

俺が何処に移動しようと
変わらぬものも、又、ある
2007/02/20(火) 03:57:26 | URL | 砂人→宵町さんへ #-[ 編集]
心もまた移ろっていくけど
あの想いを「終わり」の言葉で
片付けてしまうのかい?

俺は君の想いを否定したいのではなく
周りを見て欲しかった
物語は一本の線ではないのだから
2007/02/20(火) 04:02:18 | URL | 砂人→ハラキリさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。